桑田真澄さんがテレビ番組で、腕は振るのではなく、勝手に振られるフォームを身につけないと、プロで長く活躍出来ないというコメントをしていました。



回り込みフォアドライブの練習をしていて、ふと桑田さんの言葉を思い出しました。
ここのところ回り込みのフォアドライブの練習しかしていませんが、まだまだ勝手に腕が振られるところまでは遠そうです。1時間の練習で何球かは勝手に腕が振られる感覚はあったのですが、なかなか再現が出来ない。とりあえず腕に力はいらないことはわかりました。

ただ台に入れようとしたり、強く打とうと考えると、途端に腕に力が入ります。

まずは台に入れることよりも自分の体の中の感覚を再現するところから。次回の練習は球出ししてもらって、感覚を掴みたいなぁ。

野球詳しくないので僕の想像でしかないのですが、


直球狙いで変化球が来ても、ヒットに出来るのが超一流のバッター

直球狙いで変化球が来ても、ファウルに逃げられるのが一流のバッター

直球狙いで変化球が来たら、ゴロかフライで相手のミスによっては出塁出来るのが二流のバッター。

直球狙いで変化球が来たら、空振り三振するのが凡人。




同じように

チキータ狙いで外されてロングサーブが来ても、強打して得点が狙えるのが超一流選手。

チキータ狙いで外されてロングサーブが来ても、とりあえず変化をつけて相手の強打をかわしていけるのが一流選手。

チキータ狙いで外されてロングサーブが来たら、質はかなり低いけどとりあえず相手のコートに入れられるのが二流選手。

チキータ狙いで外されてロングサーブが来たら、レシーブミスするのが凡人。




トップ選手の動画を見過ぎているせいで、つい狙い球が外れた時も得点を狙えるプレイを真似しがちですが、我々凡人はまず入れることから始めないとダメですね。


レシーブはチキータ狙いで待つ事が多いです。チキータ狙いでロングサーブ来たら、とりあえず当てるだけでも入れば、僕の中では及第点です。


やはりコツコツ練習し、時間をかけて形にしていかないといいサーブは完成しないな。

憧れだけでYGを練習しているけど、試合での実用に耐えうるレベルになるのはいつになるのかわからないな。


試合で勝つことだけ考えるなら巻き込みかバックサーブをしっかりコースに打ち分けられるようにした方が練習効率はいいな。

↑このページのトップヘ